目の下のたるみ改善で劇的アンチエイジング❘目指せ-10歳肌

女医
中年女性

顔のリフトアップ

顔の肌内部の奥底には表情筋があります。表情筋を鍛えることによって、顔の脂肪が持ち上がり、ほうれい線を目立たなくさせることができるでしょう。若返り効果ももたらされます。

Read More...

笑顔の婦人

アンチエイジングの魅力

老化現象によってしわが生じることがあります。しわはどうしても老けた印象を相手に与えてしまうでしょう。その対策法として、美容外科のヒアルロン酸注入をする方法があります。劇的なアンチエイジング効果を期待できます。

Read More...

医療器具

困難の部分痩せ

大阪にある美容外科では脂肪吸引の施術によって、高い痩身効果を期待することができます。体重減量をする為にダイエットを始める人は多くいますが、なかなか部分痩せを簡単に実現することは難しいものですが、それを難なく実現させます。

Read More...

さまざまな施術

顔

目の下にたるみが生じやすいという人は、美容外科でたるみ改善の為の施術を受けましょう。たるみは、たるみの原因となっている肌内部の脂肪を取り除くことで効果的になくすことができます。その施術を脱脂術と呼び、メスを用いることから術後、数日から数週間、目元に腫れやむくみが生じることになります。近年は、レーザーを用いた美容施術が増えており、肌の細胞を活性化させる特殊な働きをもたらす機器によって、メスを用いずともたるみ取りを実現させられるようになりました。目の下のたるみは、肌のハリがなくなり、脂肪が重力に耐え切れなくなることで生じてしまいます。若返りの為にたるみ取りを行ないたい場合には、まず無料で美容外科へカウンセリングを受けるといいでしょう。

カウンセリングを受ける際には、担当医にしっかりと自分が希望するイメージを伝えることが大切です。顔の印象は、パーツが数ミリ異なるだけでも大きく変わるものです。また、目の下のたるみ取りに適用となる施術の中には、痛みやダウンタイムが長期的に生じるものもあるので、施術後は仕事とプライベートの都合をつけておく必要があります。メスを用いる脱脂術の場合は、皮膚の薄い目元にメスを入れる為、大量の麻酔を打つものとされています。麻酔を大量に打ちたくないということであれば、レーザーや注射を用いた施術に切り替えるといいでしょう。小顔効果ももたらすボトックス注射は、通常の注射とそこまで違いはなく、痛みに苦手な人でも難なく受けられるものです。